【朗報】幽霊の正体がついに判明

1:2017/01/30(月)14:25:59 ID:

知り得たことを伝えたいと思う

他多数の例に漏れず証拠はないけど、俺自身には間違いない確信がある

需要ありますかね?

2:2017/01/30(月)14:26:55 ID:

聞いてみないと何とも言えないな
3:2017/01/30(月)14:26:55 ID:

ない
4:2017/01/30(月)14:28:29 ID:

はーい、1先生!
「デブの幽霊の目撃談が無いのは、なぜですか?」

6:2017/01/30(月)14:29:10 ID:

>>4
デブに地獄に落ちるから
5:2017/01/30(月)14:28:34 ID:

まず最初に言ってしまうと、

・広く知られている「死んだ者の魂が死体から抜け出して幽霊になる」は間違い
そういう意味での幽霊は存在しない

・かといって、意思ないただの現象が幽霊として解釈されているだけ(枯れ尾花、幻覚)かというと、そうではない
幽霊の多くには、ちゃんと個の意思がある

7:2017/01/30(月)14:30:21 ID:

簡潔に結論だけ言うと、幽霊というのは、「概念がズレた人」
命とか生死は、厳密には関係ないんだ
8:2017/01/30(月)14:31:02 ID:

ちょっと何言ってんのか分かんない

お薬は飲んだ?

9:2017/01/30(月)14:31:02 ID:

なんだポエマーか
10:2017/01/30(月)14:34:05 ID:

バ〇オ7やりな
11:2017/01/30(月)14:34:46 ID:

霊の正体が何なのかなんて人間にわかるわけがない
12:2017/01/30(月)14:36:03 ID:

素晴らしい考えなのでぜひ世間に発表してくれ
13:2017/01/30(月)14:38:02 ID:

そうなのか
14:2017/01/30(月)14:45:44 ID:

まあ妄想ネタと思ってもらってもいい

すごく極端で単純な例えを言うと、「距離」という概念がズレると、遠くのものを見たり触れたりできる
「熱」の概念なら、高温低温でも平気とか
「同一性」とか「唯一性」みたいなものだと、複数あるけどみんな同じだとか

15:2017/01/30(月)14:47:26 ID:

枯れ尾花。
幽霊がいるかどうかはともかく、大半が見間違えってのは事実。
17:2017/01/30(月)14:51:48 ID:

>>15 三日間くらい仕事で徹夜した後出かけたら、線路に敷かれてる石達が
笑ってるの見たよ。
大笑いしてるのもクスクス笑ってるのもいた。
16:2017/01/30(月)14:50:47 ID:

人間は、いろんな概念が少しズレた自分が、無数に重なって存在している
生きていく中で、何がしかの経験を得るごとに、概念がズレた自分が増えていく
増える多少やズレの大小は、そのときごとに様々
18:2017/01/30(月)14:54:40 ID:

大別すれば二種類しかない
嘘か本当か

その二種をさらに分析すると
嘘の場合は「意図的な捏造」もしくは「誤認(見間違いや思い込み)」
のいずれか

本当の場合は知らん

19:2017/01/30(月)14:56:38 ID:

もっとわかりやすくいうと頭がパッパラパーな人間にしか幽霊は見えないってことでいいな
20:2017/01/30(月)14:58:17 ID:

もし概念がズレた自分に、意図的にシフトすることができたら、この世で一人だけ違う概念で生きる人になれる

さっきの距離の概念でいうなら、日本に居ながらブラジルの女性のお〇ぱいを揉める人になれる

22:2017/01/30(月)15:00:17 ID:

生き霊か
一番厄介で恐い奴だな
23:2017/01/30(月)15:03:44 ID:

霊が永遠に存在するわけがない。一番の供給源は肉体やぞ。
24:2017/01/30(月)15:04:57 ID:

まあ実際そんなことは起こらない

人と人が関われば、お互いの概念のすり合わせが起こる
同じ社会の中の他者とすり合わせ、「こんなことは有り
得ない」と、ズレた自分に蓋をしていく、されていく

自他の存在が、半自動的に影響し合って、そうなっていくらしい

25:2017/01/30(月)15:08:16 ID:

大人より子どもの方が不思議なことを体験しやすいのは、このすり合わせが少ないから

それでもありふれていない、珍しい経験なのは、起こった概念のズレの絶対数が少ないのと、幼少時点で既に親という他者とすり合わせが進んでいるから

26:2017/01/30(月)15:19:24 ID:

人が死んだとき、その無数にあるズレた自分も、ほぼ同様に死ぬ
何がどうズレようとも、自分は自分だし、別個の意思があるわけでもないから、普通は逃れようがない

けど、もし「肉体」とか「生死」などという概念がズレた、あるいは全く持たない自分があったなら、それは存在し続ける可能性がある

27:2017/01/30(月)15:21:35 ID:

怖E
29:2017/01/30(月)15:22:07 ID:

なぜそこまでのことが起こるのかは、残念ながらわからない
そういう概念の自分が生まれていれば必ずそうなるのか、他の因子が必要なのか

ただとにかく、世に幽霊と呼ばれるものの大部分は、こういった存在

30:2017/01/30(月)15:29:17 ID:

肉体が死んだ後に残る概念の人だから、他人には見えない
ただ、肉体がない=感覚器官がないから、本人も見えなかったり触れなかったりする

でも、要は何の概念がどんなふうにズレているかだから、さらにその中でも、知覚したりされたり、物体に干渉したりする方法を持っている人もいる

31:2017/01/30(月)15:34:10 ID:

「肉体」とか「見る」「触る」「聞こえる」という概念がズレていれば、そういうことも可能ということ

基本的に「死」という概念がズレているから、その人にとっての「死」が訪れれば死ぬ
たぶんそれが「成仏」ってことだと思う

32:2017/01/30(月)15:36:16 ID:

そういう意味での「死の条件」が整わず、延々死なない人とか、そもそも絶対に死なない人がいる

神仏として祀られたり、慰霊を行ったりしないと、周囲に影響を与える存在が、そういう人のなれの果てなんだと思う

33:2017/01/30(月)15:43:50 ID:

あと、そういう人同士も、そもそも同じような概念のズレで存在していないと、互いを認識できないらしい
見えない・感じない理由が、みんな同じではないんだと思う
34:2017/01/30(月)15:57:18 ID:

霊能者というのは、概念がズレた人と関われるようになった人
そういう自分にシフトできた人

違う自分にシフト、というのはまずほとんど起こらないらしく、霊能者(超能力者?)をどれだけ広義で捉えても、本物の絶対数はものすごく少ないらしい

35:2017/01/30(月)16:07:16 ID:

幽霊は人の在り方の一形態

いずれ実証されて、大部分の心霊現象に決着がつく
その後、遠からず人は「概念」に手を入れることができるようになる

この話の真偽は自由に捉えてもらって構わない
ただ、そういう説や可能性もあるんだな、と頭の隅に置いておいてもらえると嬉しい

36:2017/01/30(月)16:11:36 ID:

以上

需要はぜんぜん無かったな

37:2017/01/30(月)16:15:27 ID:

面白い
なんとなくそんな気もするような
39:2017/01/30(月)17:17:24 ID:

科学で解明できるようなら、とっくの昔に解明されてる
この手の問題は普通に無理だよ
21:2017/01/30(月)14:58:30 ID:

死なんでも生きてる人間から霊が生まれるんやで。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です