ドヘタクソだが今から絵本描く

1:2016/10/27(木)02:29:29 ID:

まってろ
2:2016/10/27(木)02:31:34 ID:

はよ
4:2016/10/27(木)02:32:39 ID:

見にきた
5:2016/10/27(木)02:45:48 ID:

たのしみ
8:2016/10/27(木)02:50:45 ID:

ねこのコックさんとおばけ さく え >>1

あるやまのうえに、「やまねこや」というレストランがありました。

あじはわるくないのですが、やまのうえにあるレストランは まちから とおいので

あまりおきゃくさんが やってきませんでした。

10:2016/10/27(木)02:54:09 ID:

11:2016/10/27(木)02:56:20 ID:

何分クオリティだこれ草
13:2016/10/27(木)03:02:10 ID:

そんなあるひのよる。

「はぁ~」 と ねこのコックさんは キッチンで ためいきを つきました。

「うでにはじしんあるけれど、どうしたらおきゃくさんがくるのかなあ」

「このままじゃ、みせをたたむしかないかなあ」

そういいながら コックさんは かたづけをしようとたちあがりました。

そのときです。

14:2016/10/27(木)03:06:09 ID:

猫かわいい
15:2016/10/27(木)03:06:31 ID:

ちゃんと子供向けな絵柄だな
18:2016/10/27(木)03:11:31 ID:

ドンドン!

うらのドアから だれかが たたいています。

「おや? だれだろう、こんなおそくに」

いそいでドアをあけると……

20:2016/10/27(木)03:13:03 ID:

俺だ
21:2016/10/27(木)03:13:23 ID:

>>20
お前か
25:2016/10/27(木)03:18:11 ID:

「こんばんは……」

そこにはちいさな しろいおばけがいたのでした。

ねこのコックさんは びっくり!

「うわあ!」

コックさんはこしをぬかして しまいました。

29:2016/10/27(木)03:24:47 ID:

「ごめんなさい! おどかすつもりはなかったんだ」

おばけがあやまると コックさんはおしりをさすりながら

「こちらこそごめんなさい。 まさかおばけのおきゃくさんとはおもわなかったんだ。 さあどうぞ」

31:2016/10/27(木)03:29:51 ID:

〆 ⌒ ヽ
|  l l  |
| つ⌒⊂ |
\__へ|
33:2016/10/27(木)03:36:01 ID:

おみせのおくに すわらせて メニューを みせて……

「さあごちゅうもんをどうぞ」

するとおばけがいいました。

「あのう、ぼくがこわくないの?」

コックさんはくびをふりながらこたえました。

「ぜんぜん。 たいせつなおきゃくさまだからね」

35:2016/10/27(木)03:36:55 ID:

かわいすぎる
36:2016/10/27(木)03:38:28 ID:

良いコックさんだ。
39:2016/10/27(木)03:45:09 ID:

おばけが ちゅうもんを まよっている いまがチャンスです

「もしもし じょれいって いくら かかりますか?」

42:2016/10/27(木)03:48:37 ID:

>>39おいww
43:2016/10/27(木)03:49:35 ID:

>>39
おい!www
44:2016/10/27(木)03:52:03 ID:

ワロタ
45:2016/10/27(木)03:53:58 ID:

「うわあ、よかった! ぼく、いちどレストランで食べてみたかったんだ!」

おばけはよろこんでメニューをめくりました。

「どれにしようかな、これおいしそう! あ、これもいいな~。 まよっちゃう!」

ひさしぶりのおきゃくさんがたのしそうにえらんでいるのを コックさんはニコニコしながら みていました

47:2016/10/27(木)04:00:39 ID:

草生えた
48:2016/10/27(木)04:03:37 ID:

しばらくして おばけがいいました。

「ぼく、これがいい!」

おばけが、からあげをゆびさしています。

「からあげひとつ、かしこまりました!」

からあげは コックさんのとくいりょうり!

「さあはりきってつくるぞ」

コックさんはキッチンへむかいました

51:2016/10/27(木)04:07:21 ID:

お化け超逃げて
52:2016/10/27(木)04:22:35 ID:

さあ、からあげづくりかいしです。

コックさんとくせいのだしにつけこんだ とりにくを
フォークでさしていきます。

トントントン……

それから粉をまぶして……

53:2016/10/27(木)04:23:49 ID:

「あれえ?うまくいかないなあ・・」

コックさんはそのままそとへでて

ローソンの「からあげクン」をかいにでかけました

54:2016/10/27(木)04:25:42 ID:

>>53
ガチの続きかと思ったわ
57:2016/10/27(木)04:27:39 ID:

>>53
コックさんはいいました

「からあげクンください」

店員さんはいいました

「ありません」

コックさんは、おばけをころそうとおもいました

55:2016/10/27(木)04:26:17 ID:

面白いな
59:2016/10/27(木)04:35:51 ID:

しっかりあじをつけたら あついあぶらのなかへ

ジァァァァ! とてもおいしそうなおとをたてて

とりにくが あがっていきます。

いいにおいとおとがレストランにいっぱいひびいて

おばけは まちきれなさそう。

60:2016/10/27(木)04:37:44 ID:

かわいらしいの
62:2016/10/27(木)04:42:02 ID:

お化けがかわいそうなことになってそうで怖い
64:2016/10/27(木)04:47:17 ID:

「からあげおまちどうさま。 さああげたてをめしあがれ!」

めのまえにだされた からあげはむっとするくらいあつあつで とてもおいしそう!

「いただきます!」

おばけはゆっくりいきをすいこんで そしてからあげをくちにはこびました。

65:2016/10/27(木)04:47:30 ID:

絵本の割に料理描写がしっかりとしてて草
66:2016/10/27(木)05:03:42 ID:

「おいしーい!!!」

とびあがって おばけがいいました。

「こんなにおいしいからあげははじめて!」

「それはよかった。 おきゃくさんによろこんでもらえてうれしいよ」

ニコニコしながらコックさんはいいました。

67:2016/10/27(木)05:08:11 ID:

からあげ食いたくなってきた
68:2016/10/27(木)05:12:41 ID:

「ごちそうさま!」

きがつくともう そらはだんだん あかるくなっていました。

「あっ、たいへん。 もうかえらなきゃ」

おばけは ポケットからおかねを だそうとすると

「おだいはいらないよ。 すてきなおきゃくさまにあえたからね」

とコックさんはいいました。

おばけはなんどもなんどもおじぎをしてかえっていきました。

70:2016/10/27(木)05:18:02 ID:

それからしばらくして

コックさんのおみせはだいはんじょうするようになりました。

でも、それはまよなかのじかん。

おばけたちがたくさんレストランにやって来るようになったのです!

ねこのコックさんはそれからしあわせにくらしましたとさ

おしまい

71:2016/10/27(木)05:19:05 ID:

面白かったわ
73:2016/10/27(木)05:23:23 ID:

ポティトゥ(???)
74:2016/10/27(木)05:24:03 ID:

AAとイラストに笑ったわ
76:2016/10/27(木)05:37:45 ID:

読み聞かせてやれば良い子になるぜ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です